ピアノの先生のブログに大切なこと

ピアノの先生のブログネタ

アミーズ・ティーチャーズサロン主宰の安藤歩です。
今日は「ブログを書くといいよ!」ということと、「ブログに何を書いたらいいの?」ということについてお伝えしますね。


ブログだけではなくて、外に向けての発信であるFacebookやTwitter、教室通信にも応用できると思います。

ブログは発信ツールです

「ブログ書いてみてはどうでしょう!」とおすすめするとだいたい、「ブログって何を書けばいいのかわかりません」と言われてしまいます。
でも、ピアノの先生のブログは毎日の出来事を書く日記ではなくて、教室のことを知ってもらうための発信ツールです。

・・・と考えて行けば書くことはたくさん見つかるのではないでしょうか。

  1. レッスンで大切にしていること
  2. レッスンやイベントの様子のご紹介
  3. ご自身の音楽活動や学び
  4. ピアノに関わる有益な情報
  5. プライベート

こちらの5項目の中で一番大切なのはどれでしょう??

それは・・・

1.レッスンで大切にしていること

です。

教室を探している方はレッスンの指導方針をしっかり知りたいはず

何をかけばいいかな?と考えたときは、お教室に来てほしい人が、習い事を探している場合、何が知りたいか考えてみると答えは出ますね。

ピアノ教室を探している生徒さんやその親御さんは、教室の先生がどんなことを大切にしてレッスンしているか・・・・つまり指導方針は絶対知りたいですよね。


「コンクールに積極的に挑戦し、多くのことを学んでほしい、達成感を感じてほしいと思っています」と書いたら、お子さんにコンクールを受けさせたい親御さんが集まってきますし、

「ピアノから離れてしまった人がもう一度ピアノを楽しんでほしい」と書いたらピアノは持っているけれど最近弾いてないのがさみしいと思っている大人の方が集まってくれるかもしれません。


ちなみに私の教室は「ピアノを一生の友だちに」というキャッチフレーズにして、親子で楽しめるイベントやレッスンでの楽しい企画を行っています。

それを「2.レッスンやイベントの様子を紹介する記事」としてブログに掲載します。

ピアノを楽しく習わせたい親御さんが集まって下さっていますよ~!

中にはご自身が子どもの頃に習っていて辛かったので子どもには楽しく続けさせたいという方も。

もちろん楽しいだけではなく、努力を継続して目標を達成する力をつけることもきちんとお伝えしています。

質の高い講師であることも伝えよう

「音楽活動や学び」についての記事も有効です。私自身は現在ピアノの演奏活動はしていませんが、教室の講師の方々のコンサートや私自身のセミナー参加などもブログでご紹介することで質の高い講師・学び続けている講師がいることをアピールします。

自分に置き換えてみたら、指導のスキルアップをしている先生に好感が持てるし、安心してわが子をお任せできると感じます。

ピアノや音楽に関する「なるほど!」「知らなかった!」と言われる情報も

私たちピアノの先生にとって当たり前なことも、世の中の方々には新鮮な情報になることが多いのです。

例えば
「自宅練習で集中できないお子さんに親御さんができること」

「ピアノと電子ピアノ、どちらを買ったらいいの?」

など、親御さんのお困りごとを想定して記事にしてみましょう。

プロの音楽家の間では当然だから記事にしない、のではなく一般の人の中には知らない人もいるという前提で書いてみましょう。読み手のことを考えて、カンタンな言葉でシンプルに!を心掛けるといいですね。

プライベートはたまに載せたらOK

単なるお出かけ・ランチの紹介も時々なら人柄がしのばれるのでいいですが、そればかり載せていると、日記になってしまいます。

自分の子どもの先生を探している親御さんは、未来の先生がどこで何を食べたか興味ありませんよね(笑)。

ただし、ユニークなキャラでファンができるくらいであれば効果ありです!

お子さんのピアノの先生を決めるのはお母さま

そしてお節介ながら1つアドバイスです。
親御さんといっても、お子さんのピアノの先生を決めるのはおもにお母さまです。

だいたい30〜40代の女性ですね。
キラキラ女子はあまり好きではありません。

キラキラ・ラブラブな雰囲気を出さないほうが無難かと思います。

お客さんが知りたいことを書く、これがコツ

ブログを書くコツはひと言でまとめれば
「自分やわが子が音楽を習うなら何が知りたいか?を書く」です。

そう思うと、ブログで書くこともたくさんみつかりそうですね。


アミーズ・ティーチャーズサロンではこういったお悩みもみんなで共有していきたいと思います。
ご興味ある方はお問合せくださいね。

講師をご希望・ご検討の方はこちらです

教室で教えてみたい、どんなレッスンがあるのか聞いてみたいなど、講師にご関心がおありの方は、こちらをご覧ください。