批判・否定・強要。コミュニケーションをスムーズにするために不要なもの

こんにちは、アミーズ音楽教室・アミーズ・ティーチャーズサロン 主宰の安藤歩です。

ちょっと前の出来事になりますが、
先日アミーズ・ティーチャーズサロンにご入会された方へのオリエンテーションを行いました。

アミーズ・ティーチャーズサロンは『学び・収入・交流』ができる場として立ち上げたサロンです。

サロン内でのマナーとして

『批判しない・否定しない・強要しない』

をお伝えしながら、


「あ、これレッスンでも言える!」


と気づきました。

なんという大発見だ!(と、脳内で盛り上がりました)



その話の延長で、あるサロンご入会者さんに

過去にご自身で受けたレッスンで批判、否定、強要のどれかをされたことはありますか?

と質問したところ・・



批判、否定、強要、すべてあります!(笑)


というお返事でした。



・・・苦笑。
そして、私も全て経験しています。



レッスンだって人(生徒さん)と人(先生)とのコミュニケーションの上にあります。だからマナーは必要です。

一方的に相手の行動を批判・否定したり、こちらの理論を強要したり、そういうことをすると、健全なコミュニケーションが成立しないし言われた相手は当然、いい気分じゃなくなっちゃいますよね。


それは当然みんなわかっていることだというのに、
なぜだろう。

レッスンになるととたんに、先生の頭からマナーが消えちゃうんですよね。。

ピアノの先生だった私たちはかつてピアノの生徒さんだった頃、
マナー違反だらけのレッスン、経験しているのではないでしょうか。

先生は普通のお付き合いのときは絶対しないのに、
レッスンになると突然「全然違ってる」「そうじゃない」と言ったり、ため息ついたり、一方的に宿題出したり。

「熱心さ」の裏返しと言えなくもないですが、それでも生徒さんの立場に立ったらやはり「違う」と思います。


正直言いますと、過去の私自身にも当てはまっていたことです。

そして私自身の過去に師事していた先生たちもそうだったなぁと思い出されます。


レッスンで散々怒られた直後に、ニッコリ笑って「お茶でも行く?」と言われても恐怖しかないですよね~!



レッスンでは先生の側はマナーが頭から消えてしまうけど、生徒さんの側には人とのお付き合いと同じマナーの感覚があります。

だから先生側は全然そんなつもりはないのに「先生は怖い!」となるんじゃないかな。



レッスン中は先生になんか取り憑いてるのか?


ということで、
生徒さん相手だからといって人付き合いの根底にあるべきマナーを無視してはいけないし、

「批判・否定・強要」
この3つをレッスンに持ちこむとよい関係は築けない。

と、いうことで、今日は私の『大発見』についてお伝えしました。



アミーズ・ティーチャーズサロンでは、音楽で収入を得る考え方と行動についてお伝えし、その方のセルフプロデュースをお手伝いしています。

全国的に新型コロナウイルス感染者が減らない今、オンラインレッスンのスキルは必要です。

サロン会員さんにはオンラインレッスンのやり方もマンツーマンで教えています。

「そもそもサロンのオリエンテーションのZoomの入り方がさっぱりわかりません!」という方には、入り方からしっかり教えますよ。

アミーズ・ティーチャーズサロンに興味がおありの方はお気軽にお問合せくださいね。

講師をご希望・ご検討の方はこちらです

教室で教えてみたい、どんなレッスンがあるのか聞いてみたいなど、講師にご関心がおありの方は、こちらをご覧ください。