大人の方向け体験ピアノレッスンを成功させるために

こんにちは。
アミーズ・ティーチャーズサロン 主宰の安藤歩です。


今回は大人の方の体験レッスンを成功させるために私がやっていることをお伝えします。


いきなり結論ですが、

その方の夢見ている未来が1年以内に実現できるだろうということを具体的に示す


これが大人の方向け・ピアノ体験レッスンを成功させる(成約率をあげる)コツだと私は思っています。


・・・というのも

大人の方でピアノレッスンを始めようと思った方は、「習いたい」と思う前に「わたしがこうなったらいいな~」という希望・期待があります。ピアノに夢があるのです。

例えば・・・

  • 休日にピアノを楽しむ私
  • 大好きな映画のあのメロディを奏でる私
  • ピアノ発表会で着飾って演奏する私
  • 知り合いのお家にお邪魔した時にピアノがあったので、ちょっと弾いてみたら大喝采された私
  • 子どもと親子連弾している私
  • 母のお誕生日にピアノ演奏して喜ばれる私・・

ピアノの上達だけが目的ではないのですよね。
大人の方は、ステキな自分を夢見てレッスンにお申込み下さると言っても過言ではありません(笑)。


恥ずかしいからから口には出しませんし(いや、全然恥ずかしいことではないのですけどね!)、ご自身でも気がついていない場合もあります。


でも、
その夢、かないます!


大人の方には他に選択肢がたくさんある上、なにしろ忙しいので、3年後に叶う夢に向かってコツコツ努力するのは相当なこと。
自分が夢見ていることが遠い未来に実現するとしたら諦めてしまいがちです。


・・・というわけでピアノの先生は、体験レッスンでその方の夢見る未来を示してあげて下さいね。


「この曲、3ヶ月後には弾けてますよ」

「今度は大好きなビートルズをピアノで弾いてみましょうか」

「今から少しずつ譜読みして、1年後の発表会に出てみませんか」

もちろんその方のレベルに合った曲であることが大切です。



体験レッスンでの選曲も大事です。

ピアノが弾ける方でしたら、ご自身が弾いている曲をお持ちいただいていいのですが、初心者の方には誰でも聴いたことがある有名な曲の簡単アレンジの右手だけを弾いてもらいましょう。

ベートーヴェンの「歓びの歌」なんて超オススメ。この有名なメロディは誰でも知っていますし、初心者の方でも弾けてしまいます。

ショパンが弾きたい初心者の方にはやさしいアレンジ楽譜がいいでしょう。

そして先生が伴奏を付けて

「あの名曲が気持ちよく弾けた!」と、とても喜んでいただけたらこちらもうれしい。


(私の教室では、「歓びの歌」を弾いて入会しなかった方は、ひとりもおりません)


手の形や指使いなど、先生として気になることはご入会いただいてから少しずつ直していけばいいのです。

くれぐれも、体験レッスンで特訓は禁物ですよ~


大人の方は「ピアノが自分の毎日の中にあったらどんなに素敵だろう」と考えて体験レッスンにきてくださいます。だからレッスンを続けて行けば3か月後・1年後にはピアノと音楽を楽しむ暮らしが待っていると、イメージしていただけるように体験レッスンを用意していきましょう。

「こんなに楽しいならもっと早く始めればよかったです!」

こんな感想をいただけると嬉しいですね。

そもそも、ピアノは音を楽しむ素敵な楽器。生徒さんがピアノとの素敵な毎日を楽しんでくれたら先生冥利に尽きるというものです。

大人の方の体験レッスンの参考にしていただけたら嬉しいです。

講師をご希望・ご検討の方はこちらです

教室で教えてみたい、どんなレッスンがあるのか聞いてみたいなど、講師にご関心がおありの方は、こちらをご覧ください。