上野学園大学の学生募集停止に思うこと

音大がやらないなら私がやる

こんにちは、アミーズ・ティーチャーズサロン 主宰の安藤歩です。

上野学園大学が学生さんの新規募集を停止することを発表しました。

参照:上野学園大学 HP
https://www.uenogakuen.ac.jp/university/news/2020/post_276.html

ついに大学部門の閉鎖に向けて動き出した音大が出てきたのです。


音大は今、どこも経営が厳しい状態です。

例外は東京芸大くらいでしょうか・・・



少子化が原因か?と言われていますが、それだけではないような気もしています。

入学者となる人たちの数が減っていることも原因のひとつではありますが、でも、それだったら世の中のあらゆる若者向けのビジネスは経営が成り立たなくなるはずです。

わたしは 若者が集まる所、集まらない所がはっきりしてきたことが原因 、と感じています。


つまり、、、音大に魅力を感じ、志望する学生が減ってきてしまったように思うのです。



ではなぜ音大に若者が集まらなくなってしまったのでしょうか?


それは将来に不安があるから、でしょうね。。。

音大出ても仕事がない、収入が少ない、収入が不安定。
(と、音大卒業生自身が言っています。)

多くの音大卒業生の実体験から、音大に対するそんなイメージが出来上がってしまいました。



そこで今、音大では卒業生に一般企業への就職を強く勧めています。


でもそれってどうでしょう?
「だったら最初から一般大学に行ったほうがいいよね」
ということで、音大進学を諦める人がでてきます。


それって悪循環?ドツボにハマってる?

でも、、
大好きな音楽を学んで、将来音楽の仕事を得て年収1千万以上になれる音大


こんな音大があったら入学者が殺到するんじゃないでしょうか?


その音大の授業科目は『和声学』『西洋音楽史』などの音楽科目以外に『セルフプロデュース』とか『プレゼンテーション』とか『信頼構築のためのコミュニケーション』などのビジネス科目が盛りだくさん。実務にむけてガッツリ学ぶことができます。


稼ぐ方法を身につけた卒業生は、大好きな音楽の仕事を自分の好きな場所で、好きな働き方で、望む収入を得ることができます。

卒業生同士の人脈も武器になるでしょうね。そして卒業生は「音大っていいよ!」と、勝手に宣伝してくれて、音楽やりたい人が増えて、音大の入学希望者が激増!


・・・と、妄想が止まりません。



音大でも稼ぎ方を教えたらいいのに。

いや、教えるべきです。

日本人はどうも、お金の話をしない傾向がありますが、
稼ぐための知識は必要なことなんです。

実は私自身も音大を卒業してから「あれ、私ってどうやって生活して行こうか?」と考えました。


音大を卒業したばかりのわたしや周囲の友人はみんな『車 寅次郎』みたいでした。(映画「男はつらいよ」の主人公、フーテンの寅さんこと、車 寅次郎です。映画を知りませんか?寅さんは大変魅力ある人物ですが定収入を持たずその日暮らしのような生活をしています)


その後、私は試行錯誤を繰り返し、稼ぐことが大好きになり、音楽で楽しくお仕事できるようになりました。そして今に至ります。


仕事がいっぱいあって忙しかったけどいつも音楽と一緒にいられたし、好きな物が自由に買えて、好きなものが食べられて、好きな場所に行ける収入を得ることができました。


・・・というわけで、今、


音大卒の方々にその方法をお伝えしながら、レッスンでの収入や音楽仲間との交流ができる場を作りたくてアミーズ・ティーチャーズサロンを立ち上げたんです。(音大がやらないから私がやることにしました!)


先日「サロンの会費はいくらですか?」とのご質問をいただきました。

すごく高いと思ったみたい。

でもね、お値段1,000円です!
月額1,000円!

私の個人コンサルついて1,000円です。


「Zoomどころか、まずはiPad の初期設定でつまずいてます」という方は、サポートついても1,000円です。


しかも今なら3ヶ月間無料です。


音大卒のあなたが「音大っていいよ!ずっと音楽と一緒にいられるんだよ」と言えるお手伝いをしたいのです。
一緒に、音楽で楽しく生活していきましょう。

講師をご希望・ご検討の方はこちらです

教室で教えてみたい、どんなレッスンがあるのか聞いてみたいなど、講師にご関心がおありの方は、こちらをご覧ください。