長く活躍できる先生になるために変化していきましょう

こんにちは、アミーズ・ティーチャーズサロン主宰の安藤歩です。


先日、企業の方との打ち合わせの席で先方に言われたこと。

「音楽教室なのに色々やっていらっしゃるんですね!」

音楽教室といえば、ピアノをはじめ、様々な楽器や歌を習う所と誰もが思っていますし、実際に多くの教室はそうです。


でも私は音楽教室の可能性をもっと広げたいと思っているんです。

だからイベントを企画したり、新しいレッスンメニューを作ったりしています。


それらはまだ可能性を広げているだけで利益が伴っていないところもありますが、基本となるレッスンを担当の先生方が頑張ってくれているので生徒さんは増え続けています。


私の教室は25年周年をすぎました。


長く続けられる教室にするには変化が必要で、変化を避けていては先へ進んでいけません。
今回の新型コロナの騒ぎも、今まで経験したことのない事態に動揺しましたがこれを機にできることを必死で考えてオンラインレッスンを開始しました。

変化していけるのも続けているからこそ。
そして変化しないと続けていけないのかもしれないです。


変えないこと、こだわることは誰にでもあるのですが
それって本当にこだわるべきこと??と、常に自分に問いかけるようにしています。


変化しないほうがラクですからね。


私の世代にとって、
自分の今までの知識・経験は新しい何かを拒んでしまいがちなんですよね。


でもこの世代だからこそ自分の今までの考えを一度見直して、
アレ、それで大丈夫かなと思い返して

「ま、そんなこともある。しゃーないな。」

「へー、そんな風に発想するんだ。なるほどね」

こんなふうに、自己主張より他を認めて「良さそうだったら真似しちゃおう」みたいな心の柔軟性が出てくるような気がします。
(20年前だったら腹立ったり「そうじゃない」と思ったかもしれないけど。これこそ年の功というやつかもしれませんね)



人も教室も、私にとって「変化」=「これいいな」=「進化」ということになってきました。

自分が「いいな」と思うことを、生徒さんや親御さんが「いいな」と思ってくれたら、「共感」になります。生徒さんや親御さんの共感を集めることができたらそれは素敵なことです。

そうしながら経験を重ねていくうちに心の柔軟性を身につけて、長く活躍できる先生になるような気がします。


長く活躍できる先生になりましょう!がんばっていきましょうね。

講師をご希望・ご検討の方はこちらです

教室で教えてみたい、どんなレッスンがあるのか聞いてみたいなど、講師にご関心がおありの方は、こちらをご覧ください。