ピアノの先生は個人事業主

ピアノの先生は個人事業主

これからは大企業の社員だって副業を持つ時代。

世の中は兼業、副業する人がどんどん増えて、みんなが個人事業主になる未来がやって来ます。


個人のスキル、個人の魅力が重要になってくるのは言うまでもありませんね。


大企業の社員であれば、企業の知名度で信用や信頼を得ることができました。

だから個人の魅力と仕事の関係について、誰もがあまり考えていなかったと思います。


でもこれからは自分を磨いて高めていく努力をした人が成功を掴み取る世の中になります。


で、振返ってみると、
わたしたちピアノの先生って個人事業主ですよね。
企業のブランド名ではなくて自分自身の魅力とスキルでお仕事しているわけです。


つまり私たちってすでに時代の先端を行っているんです(笑)。


自分の強みは何か。

自分は求められる人であるか。



音楽教室に行ってレッスンしている先生も、自分で教室を開いている先生も個人事業主であることに変わりありません。
そして常に自分を磨く努力・音楽の技術を高めていく意識をもってらっしゃいます。

多くの仕事をAIが代わって行なうようになる中で、ピアノの先生はAIにはできませんからね!


この先のために、今、何をしておこうかなと、今日も考えています。


その一方で、個人事業主であるピアノの先生にはピアノを教えるという本業以外にも様々な雑務が発生します。経費やスケジュールの管理、納税の準備などですね。
結構これもややこしい。


アミーズティーチャーズサロンでは個人事業主ならではのお悩みもみんなで共有していきたいと考えています。
ご興味ありましたらお問合せくださいね。

講師をご希望・ご検討の方はこちらです

教室で教えてみたい、どんなレッスンがあるのか聞いてみたいなど、講師にご関心がおありの方は、こちらをご覧ください。