男性の生徒さんの真の目的を知るとリピート率が高まります

こんにちは、アミーズ・ティーチャーズサロン 主宰の安藤歩です。

男性のピアノレッスンお申込み

わたしの主催する音楽教室で、先日、男性の方からピアノレッスンのお申込みをいただきました。

60分レッスンをご希望のこちらの男性

「ずいぶんブランクがあるのですが・・」とのこと。

久しぶりのレッスン。

楽しんでいただけたらいいなぁ。

私は自分自身が担当せず、
信頼できるわたしの教室の先生にその男性のレッスンをお願いしました。

そしてレッスンの後、継続してレッスンを受けたいとのご連絡をいただきました!

レッスン後のご感想

レッスン後のコメントをいただきました。ご紹介しますね。

お世話になっています。
先日はありがとうございました。
ピアノのレッスンは45年ぶりで緊張しました。
やはり指は全く回らず音の出し方も忘れていました。
先生は、感じの良い方で、指摘等がはっきりとしており、良い指導者と思いました。
プロに習うのは、意味があると再認識しました。
少しレッスンを続けようと思います。
来月のレッスンもお願いできますでしょうか。
よろしくお願いします。

45年ぶりのレッスン!
楽しんでいただけたのですね、良かったー!

そしてここからが大切な話です。

男性の生徒さんならではのエピソードとは

レッスンを担当した先生から様子を伺ったところ・・・

すごく博識な方で私の知らない音楽の歴史について色々教えていただきました。

例えばバッハのあの曲は実はバッハが作ったものじゃないんですよ、とか。


なるほど!
・・・はい、語りたい男性、いらっしゃいます。

ピアノを弾く男性はかなりマニアックな方もいらっしゃるので、私たち先生より深い知識をお持ちなのです。


そういう時は


笑顔でうなずきながら拝聴いたしましょう。

わたしたちも音楽業界に携わる者、
拝聴することで自然と知識も深まります。

音楽という共通の話題があるって本当に素晴らしいと思いました。

先生の立ち居振る舞いでレッスンのリピート率が向上

生徒さんの目的は上達だけではありません。


こちらの男性の生徒さんのように、レッスンをうけてご自身のテクニックを磨くのと合わせて、音楽の知識を共有し更に学びを深めたいという方もいらっしゃいます。

音楽のレッスンは演奏技術の向上ももちろんですが、
教養を深めるという意味もあるのですね。

共感・尊敬・信頼を感じられる先生の立ち居振る舞いに対しての大きな喜びは、そのまま音楽の喜びとなります。

私たち先生は生徒さん自身が気づいていない目的を先に気づいていると、レッスンのリピート率は上がりますよ。

講師をご希望・ご検討の方はこちらです

教室で教えてみたい、どんなレッスンがあるのか聞いてみたいなど、講師にご関心がおありの方は、こちらをご覧ください。